あおとあか

自分の感情を吐き出す

映画感想:ユリゴコロ

先日ユリゴコロを見て参りました。

 

movies.yahoo.co.jp

 

殺人でしか心が満たされない美紗子の日記に引きつけられる亮介。

 

グロいかグロくないかでいえば、そんなにグロくはないです★

ただ、美紗子の幼少期〜専門学生のころまでは割と直視できなかったです。

 

なかなかおもしろかったです。

ストーリー性も悪くなかったし、寝落ちしそうにもならず、

すんなりと世界に入り込むことができました。

 

松山ケンイチの演技は上手と思っていたけれど、

吉高由里子松坂桃李の演技が上手だったことに驚きました。

 

松坂桃李の日記によって何か亮介に変化があるようなシーンや、

我を忘れるシーン。どれも恐かったです。

うん、それくらい演技に迫力があった。

 

吉高由里子ユリゴコロのない人間から、家庭をもち幸せに満ちた人間まで、

とても表現できていたと思います。

 

ストーリーは、最後衝撃の、、とはならず、割とわかりやすい付箋で、

あぁこうなんだろうな〜と予期できてしまうのが残念でした。

 

なんかもう少し、えっ!まさか!!うそ!まじで?!っていう気持ちになりたかったな〜

 

でも、なんか穏やかな部分も、狂気にみちた部分も両方あって楽しかったです★